バンコクからアクセス抜群!ムアンゲーオ・ゴルフコース in タイランド【ただはるのFINESHOT in THAILAND】

格式、メンテナンス、難易度、価格。。。海外ゴルフ旅行はこうした要素で選ぶことが多いと思うのですが、外せないことってありますよね。それがアクセス。宿泊しているホテルや街、そして空港からの交通の便は、ゴルフ場選択に欠かせません。

このムアンゲーオ・ゴルフコースはとにかくアクセスが良いんです。だから先に地図を載せちゃいますね。

 

ムアンゲーオ・ゴルフコース(バンコク市街から車で約40分)
52 Moo 8 Bangna-Trad Rd. Km 7.7 Bangkaew Bangplee Samutprakarn Racha Thewa, Samut Prakan 10540
TEL. 052-081995

 

タイを訪れる日本人ゴルファーの拠点といえばバンコク。
このコースは、バンコク市街から車で約40分、そして日本とタイを結ぶ空の玄関口であるスワンナプーム国際空港からも約20分と、立地に恵まれているんです。

となると肝心のコースはどうなのか気になりますよね。安心してください!世界的に有名なリー・シュミットの設計によるこのコースは、2003年にオープン。欧米の技術とタイのコース管理術が融合したハイクオリティのメンテナンスが特徴なんです。

ダイヤモンドカットだけではなく、ゼブラカットなども取り入れて芝の向きを変え難易度をあげている

横と縦。日本ではあまり見かけないゼブラカット2種類

上記ができるのはメンテナンスに力を入れている証。フェアウェイとラフもしっかり分けてます

フェアウェイも全体的に広くてフラット。それでいて、スコアメイクするにはセカンドショットの置き所が重要なので、ベテランゴルファーや上級者でもしっかり満足できるレイアウトになっています。

全体的にフェアウェイも広くフラット

またバンカーがユニークなこともリー・シュミットらしさが感じられるところです。

チェンマイハイランドも同じようなバンカーが特徴ですよね

そしてここからはホールをいくつかご紹介。ムアンゲーオでプレーする時には参考にしてくださいね。

2番ミドルは、タイお決まりの池が左右に絡んだホール。ここはフェアウェイ左を置ければ、セカンドはミドルアイアンでグリーンを狙えます。

4番ロングはフルバックでも500ヤードないのでロングヒッターならバーディも狙えます。左の池だけに注意してフルショットしてください。

13番ロングは右上の鳥のマークが狙い目(見えますか?)。高弾道ショットでここを越えられれば2打目以降がすごく楽になります

最後は忘れてはならないグルメ。タイといえばやっぱりホットなこれです!

トムヤムクンヌードル!麺が細くてスパイシー。スープによく絡んでいて美味しかったです。チェンマイと比較するとバンコクのトムヤムクンは辛い印象。プリプリの海老もたっぷり入っていてボリュームもグッドです!

 

ムアンゲーオ・ゴルフコース

52 Moo 8 Bangna-Trad Rd. Km 7.7 Bangkaew Bangplee Samutprakarn Racha Thewa, Samut Prakan 10540
TEL. 052-081995

PHOTO GALLERY

tadaharu_egasaki

GDO Thailand レポーター(レフティただはる)

ここ10年の年間平均スコアが88の永遠のシングルプレーヤー予備軍。ベストハーフ35、ベストスコア73(2017年5月更新)だが、ここ数年は70台は年に1回でればいいほど。プレーも大好きだが、コース撮影をしながらラウンドすることに執念を燃やし 台湾、タイ、カンボジア、シンガポールなどアジアを中心に日本国内外970コース以上をラウンド。思い起こせば25歳の時に、オーストラリアにワーキングホリデーで留学をして35コース制覇。これがコース制覇の原点である。ジャック・ニクラス、ロバート・トレントジョーンズJR、井上誠一など名設計家は勿論、赤星四朗、六郎、富澤誠造、加藤俊輔等地域に密着した設計者にも造詣が深い。モットーは名門コースだけでなくあらゆるコースをラウンドすること。ユーザー視点からコースを見る目だけは誰にも負けない。※2018年7月7日現在、ラウンド数971コースを達成。2020年までに日本1,000コース(後108)海外100コース(後21)達成に向けて日々精進中

関連記事

おすすめ記事